バブル経済崩壊後にローン一本化が登場?資金繰り・借換で利用者を取り込み

多重債務者にとっておまとめローンの必要性は高く、ローンの一元化や返済管理の負担軽減など多くのメリットを享受することができます。
そんなおまとめローンはどのような歴史を辿ってきたのでしょうか。
おまとめローン誕生のきっかけは1990年代初頭起きたバブル経済の崩壊でした。
それ以前は考えられなかった大手金融機関が次々と事実上の倒産追い込まれるという事態に日本中混乱し、破綻を免れた金融機関もありとあらゆる手を使ってそれまでの顧客から無謀とも言える資金の引き上げを行いました。
その結果資金繰りが難しくなった多くの債務者は、複数の金融機関から少しずつ借り入れを行うことで自転車操業的にその場を凌ぐようになったのです。
利用者が急増したことから消費者金融業界は急成長しましたが、大量の多重債務者が生まれたことは大きな社会問題となりました。
一方で不良債権処理を進めていた大手金融機関の大手同士での合併が相次ぎ、大手金融機関には敵わない中規模以下の金融機関は窮地に立たされます。
中規模以下の金融機関が生き残りをかけて行ったのは、特色のあるサービス生み出すことでした。
そんな風潮の中で生まれたのがおまとめローンだったのです。
おまとめローンの必要性は一躍脚光を浴び、それまで長い間問題とされてきた多重債務者の自転車操業を食い止める手段として多くの人々を救いました。
そして現在でも多重債務者救済を目的としたサービスのひとつとして多くの人々に必要とされているのです。
このような背景を知ると、おまとめローンの必要性の高さがよく分かりますね。

カテゴリー: ローン一本化 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。