ローン一本化は危険?

おまとめローン、ローン一本化を利用するのが危険だ、という話を聞くことがあります。

複数の借入先からの借金を一社にまとめて完済を目指せて、金利の負担も減らせるのであれば、むしろ歓迎すべきものという気もしますが、なぜ危険だと言われるのでしょうか。

一昔前は、「おまとめローン」「ローン一本化」というと、少し怪しい金融業者が宣伝文句として使われていたことがあります。
「低金利でまとめますよ」と勧誘し、既存の借入を借り換えさせる業者が多くありました。
もちろん、これで負担が減らせるのであれば問題無いのですが、実際には手数料名目などで実質的な負担が増えてしまうようなこともあり、一本化するメリットが無いケースも。
ほかにも、一本化するために連帯保証人や担保不動産などを用意させて、一回でも返済が遅れると連帯保証人に一括返済を求めたり担保不動産を処分してしまうような、強引な回収をする業者もいました。

このようなことから、おまとめローンやローン一本化が危険だというイメージが付いてしまったようです。

現在は、「貸金業法に基づくおまとめローン」や、銀行などのカードローンで一本化することが基本であり、比較サイトに掲載されているような大手の金融業者であれば、危険なことは特にありません。
完済を前提に借入をまとめる場合には、返済能力の審査がけっこう厳しいこともあるため、必ずしもおまとめローンを利用できるわけではありません。

カテゴリー: おまとめローン タグ: , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。