ローン一本化を断られたらどうする?

複数のローンをまとめて一本化することができれば、全体の金利負担が減らせたり、返済先を一社に集中することができて、完済への道のりが見えてきます。
しかし、このローン一本化は、必ず実現できるわけではありません。審査により断られる可能性も十分あります。

ローン一本化を申し込む場合は、現在の借入先のうちの一社に申し込むのと、まったく借入の無い金融機関などに新たに申し込むのと、いずれかとなります。

現在の借入先に申し込む場合は、新たに審査を受けることになります。それまでの返済実績や他社借入状況などを勘案して審査可否が出ることになりますが、きちんと返済していたとしても審査が通る保証はありません。大事なのは、完済までの支払い計画に問題がないかどうかとなります。

また、全く取引のない金融機関に新たに申し込む場合は、いっそう審査が厳しくなります。一本化が目的とはいえ、すでに数社から借入しているわけですから、完済まできちんと支払いが継続できるかどうか、シビアに審査されます。

ちなみに、担保に使える不動産や金融資産があれば、かなり審査が通りやすくなります。また、連帯保証人を用意できれば、こちらも審査が通りやすくなります。家族な親族などで協力や理解を得られる人がいれば、一本化による完済もよりスムーズになるかもしれません。

カテゴリー: ローン一本化 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。