借入を一本化。返済日が分かりやすく。借換後の借入期間によっては返済総額が増える場合も

おまとめローンとは、複数の金融機関から借り入れをしている人が、その借り入れをひとつの金融機関に一本化して再び借り入れを行う手法のことを指します。

おまとめローンのメリットとして考えられる点は、複数の借り入れを一本化することにより返済期日の管理や利息の管理が分かりやすくなる点が考えられます。
複数の金融機関から借り入れをしている場合、金融機関ごとに返済日や金利が異なり個人で借入金の管理をすることは大変であると考えられます。
また、返済日が異なることにより、例えば月々の返済日を間違えてしまい支払い遅延が発生すると遅延損害金が更に発生してしまうという、利用者にとってのデメリットが起こる可能性も考えられます。
おまとめローンではひとつの金融機関に借り入れを一本化していますので、利用者が自身の借入金を管理する負担を軽減させることができます。
さらにおまとめローンのメリットとして、金利を抑制したり、月々の返済額を軽減させたりできる点が挙げられます。

逆におまとめローンのデメリットとして考えられる点は、期間の延長により返済総額が増える可能性があるという点です。
おまとめローンを組んだからと言って借入総額自体が減るわけではありません。
月々の返済額の緩和をしてもらう場合などでは、月々の返済額が減る代わりに借り入れ期間が延長すると考えられるため、結果として返済総額が増える可能性も考えられます。

よって、おまとめローンを利用する場合は、おまとめローンのメリットとデメリットをよく考慮し、各金融機関とよく相談しながら商品を選択することが大切であると言えます。

カテゴリー: ローン一本化 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。