債務整理するとクレジットカードが作れなくなることも

テレビCMや新聞広告などでバンバン宣伝されている弁護士事務所や行政書士事務所の債務整理。
昔からあちこちでお金を借りていた人にとっては、債務整理をすることで借金が無くなるばかりか、過払い金の返還請求もできる可能性があるとあって、依頼する人は多いそうです。

弁護士などに依頼するだけで、借りていた借金がチャラになって、さらにお金が戻ってくるというのですから、なんともおいしい話に思えます。
ローンを一本化してきちんと返済していくよりもおトクそうに感じてしまいますね。

いいことずくめに思える債務整理ですが、気を付けないといけない点もあります。

一番のデメリットは、5年間程度は新たにローンでお金を借りたり、クレジットカードを発行することができなくなるという点。
家を買おうと思っても住宅ローンの審査にはほぼ通らなくなってしまいます。キャッシュで払えば買うことはできますが、債務整理したあとに大金を用意するのもなかなか難しい話。
クルマを買うにもマイカーローンを組むことが難しくなるので、こちらも頑張って現金一括払いで買うことになります。

また、クレジットカードも新たに作ることはほぼ絶望的に。
すでに持っているクレジットカードも、解約させられたり、更新できなくなる可能性が高いです。
クレジットカードが無いと、プロバイダ料金や会費などの月々の支払いに困ってしまうことが多くなります。

安易に債務整理をすると、あとあと困ることもある点には注意が必要といえるでしょう。
頑張れば返済できるというのであれば、おまとめローンを活用することも含めて自力で返済するのが一番です。

カテゴリー: ローン一本化 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。