有利なのは債務整理か、おまとめローンか

テレビやラジオのコマーシャル、雑誌や新聞の広告には、毎日のように債務整理の宣伝が打たれています。
弁護士や司法書士に相談すると勧められるのは過払い金返還請求。過去に払い過ぎていたグレーゾーン金利の返還を要求することで、これまでに払ったお金の一部が戻ってくるというものです。

たしかに、これまで苦しみながらも返済していたお金の一部が戻ってくるとなれば、過払い金返還請求は魅力的なものに映ります。弁護士や司法書士も、そのような案件は条件さえ整っていればほぼ確実に手数料を得ることができ、作業も定型化されていて手間がかからないため、積極的に宣伝しています。

一方で、おまとめローンというのも存在します。これは、現在複数の会社から借りているローンを一社にまとめて、借入全体の金利を下げることで、返済の負担を軽減し完済を目指すというものです。こちらはお金が戻ってくるわけでもなく、負担は軽くなるものの返済を続けていかなくてはなりません。

一見すると過払い金返還請求のほうが有利に思えます。
しかし、過払い金返還請求にはデメリットもあるということを忘れてはいけません。
それは、信用情報の記録として、過払い金返還請求をした事実が残るということです。そのため、新たにカードローンを申し込むときは当然ながら審査が通らなくなります。さらに、クレジットカードを申し込んだり、住宅ローンやマイカーローンなどを申し込んだりする場合でも、ほぼ審査が通らなくなります。「一度払った金額をあとから返せと言ってくる利用者」として認識されるわけですから、お金を貸す方としてもそんな人にまた貸したくないのは当然でしょう。

もちろん、今後一切借金をせずに生きていく覚悟があるならそれでも構わないでしょう。しかし、この社会では何かしらお金を借りながら上手にやりくりしていかないと、資金繰りが行き詰まってしまうことも多いのが現実。
この点、おまとめローンを活用して完済を目指すのであれば、クレジットカードが作れなくなったりする可能性はそれほどありません。もちろん、借入残高が大きい場合にはクレジットカードを申し込んでも断られる可能性もありますが、ある程度返済が進んでくれば通常通り審査が通るようになるでしょう。

これからの人生のことも考えたうえで、過払い金返還請求を検討する必要がありそうです。

カテゴリー: おまとめローン タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。