車検代が払えなさそう

クルマを持っていると必ず必要になるのが2年毎の車検代。
新車を買ったときは3年間必要ありませんが、その後は2年ごとにかかります。

自賠責や税金なども含めて、だいたい10万円前後の出費に。
さらに、車検を通すために修理が必要になったりすると、さらに出費が増えます。

あらかじめ必要になるのが決まっている出費なので、事前にお金を準備しておけば問題無いのですが、ほかに借金があったりすると、なかなか貯めておくこともできません。

車検代の支払いをキッカケにして、ローンを一本化することも検討してみましょう。
車検が近づいてきたら、現在の返済状況を整理します。
もし、おまとめローンに借り換えることができそうであれば、銀行などに申し込んでみてください。

それで返済の負担を減らせれば、その分だけ車検代の支払いに回せるお金が増えます。

どうしても車検代を用意するのが難しいときは、キャッシングで追加でお金を借りることになります。
もしくは、クルマが無くてもなんとかなりそうなら、手放してしまうことも考える必要があります。

クルマはその維持費用だけで年間数十万円もかかります。
クルマを一時的にでも手放して、その分を返済に回せば相当らくになるはずです。

カテゴリー: ローン一本化 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。