金利負担を軽減。銀行おまとめローンに借換

おまとめローンの効果は、ローンをまとめる申し込みをする金融機関の利率にもよりますが、大きく利子の負担が軽減されることに尽きます。
比較的新しい銀行は割安な利率を提示して、おまとめローンのプランを提示しています。
これまで複数の銀行でマイカーローンや教育ローンを組んでいたのであれば、一本化してしまうことをお勧めします。
利率が低いうえに、ある程度これまでに支払いを終えていますので、支払いが少しずつ済んで、当初よりも減っている残債に対して低い利率が掛けられますし、引き落とし日が一日になるので、常にローンの支払いに追われているような落ち着きのない生活から解放されます。
おまとめローンの効果は、特に住宅ローンが高い利率の時に組んだ場合に、大きくその効果を実感できます。元のローンの金額が高額ですので、多額の母数に対して高い金利を設定されていたところから少しずつ母数を少なくしても、場合によっては毎月のローンのほとんどが利子である場合もあります。
支払っていると言っても母数がほとんど減っていないケースが、15年以上前に住宅を購入した人にとっては珍しくありません。
当時は土地も分譲住宅に関してはマンション、戸建てを問わず、今より高額でしたので、増税前の今こそ残債そのものを減らす為に、他のローンと合わせて、おまとめローンを利用すべき時です。
デフレ解消に日本経済が流れていますし、増税も決まりました。おまとめローンの効果が実感できるのは、その時ですので、今来たるべき時に備えるべきではないでしょうか。

カテゴリー: ローン一本化 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。